FC2ブログ
Archive RSS Login

DAZ_MOVEMENT

BUELLとハーレーXR中心に、カスタムバイク好きの愉快な仲間達と交流したいと思います。 パーツを買ってくれた人は、ぜひ画像を送信して参加してくださいね。

 
Category: Author's Moto   Tags: カスタム/メンテ手順書  管理者のバイク  カーボン  

カーボン外装。お金をかけずにカスタムしませんか?

バイクのカスタム。馴染みのショップに乗り付けて、『今週はコレとアレ、付けちゃって』といえば、ショップは喜んでカスタムしてくれますよね。お金をかければ、いくらでもパーツを装着できます。

しかーし、バイクのカスタムの楽しみはオリジナリティと満足度です!お金をかけるかどうかでは無いですよね!
自分でこつこつ作業してカスタムすると愛着もわくし、バイクの故障に気づいたり、構造がよく分かったりします。

・・・・と、さんざんお金の無い私の、負け犬の遠吠えを聞いていただけた方だけに、安くカスタムする方法を紹介します。

カスタムといえばまず外装。
カーボン外装、憧れませんか?

私も昔からカーボンに憧れました。

でもフルカーボン化はけっこう高額です。

私の場合は、一番目立つエアクリカバーとフレームプロテクターは本物のカーボンパーツを使い、フロントフェンダー、アッパーカウルなど細かいパーツは3Mのカッティングシート(ダイノックシート)を使っています。

これが超リアルなんですよね。
IMG_2872.jpg

見た目はドライカーボン。まずカッティングシートだと分かりません。

あと、もう一つ。
オーリンズ風ゴールドフロントフォークです。金ってだけで高級感が出ます。
実はこれもカッティングシート。3Mの屋外対候5年のカッティングシートです。これはとても薄くて、ほとんど塗装に見えます。

いずれもドライヤーで暖めて貼り付けますが、なれればけっこう簡単です。

実は、昔はノーマルの外装を、同じく3Mのホワイトカーボン柄カッティングシートでフルラッピングしていました。ここまでするとかなり難易度が上がります。
IMG_0079.jpg


でも、小さいパーツをこの方法でカーボン調すればあまりお金がかかりません。
目立つ部分はリアルカーボンで押さえておけば本格的で安価にカスタムできますよ。

IMG_3370.jpg

雰囲気出るでしょ?

みなさんもぜひお試しを。


LEAVE
'A'
COMMENT






09-2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

08   10

プロフィール

DazMOVEMENT

Author:DazMOVEMENT
乗った瞬間にみんなが笑顔になれるバイク、BUELL。
タイトルの DAZ*DAZZLE(きらきら光る)はそんなBUELLの楽しさから名づけました。

メーカーはなくなってしまいましたが、この楽しさにはまっているBUELLライダーはたくさんいます。

まだまだBUELLを盛り上げていきましょう。

長く付き合うためのPOINTも、わかる範囲で少しずつ紹介しますね。
(※整備は自己責任でお願いします。)

連絡、パーツ問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR